北海道の注文住宅・札幌の建築会社スズケンホーム

注文住宅分譲地、浴室・風呂リフォーム、オール電化住宅、省エネ対策住宅、高耐久性木造住宅

/トップ会社案内求人情報お問い合わせ
ガイナ断熱塗料

>北海道の注文住宅 スズケンホーム  >GAINA/ガイナ断熱塗料

『ガイナ』は塗る断熱材『シスタコート』の技術と独立行政法人宇宙航空研究開発機構のH-Uロケットを300℃熱から守る塗布式断熱材の技術を活用した、従来の常識を覆した塗布素材です。
ガイナを住宅の屋根・外壁・内装に塗ると、太陽光線や熱、音や汚れを跳ね返し、断熱・遮熱などの効果を発揮。加えて、太陽光線や照明の光を受けたセラミックが、イオン化作用をもたらし、室内の空気質を改善。
マイナスイオンとプラスイオンのバランスがとれた心地よい状態に。

夏の暑さをすっきり涼しく遮熱・断熱効果

■ガイナは日射を効率良く反射する

ガイナは塗膜表面を特殊なセラミックで覆うようにして塗膜を形成しており、 このセラミックが効率良く日射を反射し、熱の発生を抑え、建物内へ熱が侵入するのを抑えます。

■高レベルの遠赤外線放射で熱を逃がす

ガイナに含まれる特殊セラミックは、温度が上昇するとエネルギーを効率的に遠赤外線に変換して放射する性質を持ちます。 建物の表面で発生した熱は徐々に内部へ侵入しますが、 ガイナ塗膜は温度を上昇させることで一度吸収したエネルギーを空気中へ再び放射し、室内へ侵入する熱を抑えます。

寒さを解消して暖房効率向上断熱効果

■ガイナ塗装で部屋全体がすぐに暖まる

ガイナを塗ると、暖房の熱が室内に広がるのと同時に、塗装された面が瞬時に暖まるので、効率良く暖かい室内環境を整えることが出来ます。 室内の空気温度と、壁や天井の温度との均衡を取る事で、熱の移動を抑え、暖房効率を上昇させることが可能です。

■効率良い遠赤外線放射で瞬時に温度対応

ガイナの塗膜は熱を受けると、その熱を非常に効率良く遠赤外線に変換して放射し続けます。 遠赤外線は、輻射の熱を熱い方から冷たい方へと運び温度を均一化させていく性質を持ち、 これを活用することでガイナの塗膜は瞬時に周辺環境の温度に対応することが可能です。

■ガイナの結露防止効果

熱は必ず温度差がある時、温度が高い方から低い方へ移動する性質があるため、冬の室内に於いては、室内空気温度より温度の低い壁面等に結露が発生します。  ガイナを塗装すると、塗装面が室内空気温度と同じ温度に近づくため、温度差が小さくなり、結露の発生を抑制する効果を発揮します。

気になっていた音が静かに防音効果

■ガイナの防音効果

ガイナの塗膜表面は、大量のセラミックビーズで隙間なく覆われているため、一般塗料に比べ塗膜の表面積が大変大きくなっています。 表面積が大きいほど、効率良く音を反射することができる為、ガイナ塗膜はまず音を反射する事で、内部への音の侵入を抑えます。 更に塗膜内で多重の層となったセラミックビーズの効果により、 塗膜内部に侵入してきた音も小さくします。

イヤな臭いが残りにくい消臭効果

■臭いを引き寄せる静電気

壁や天井に臭いが引き寄せられる主な原因は、壁や天井が空気との摩擦等により静電気を帯びることにあります。 ガイナ塗膜は静電気を帯びない性質を持つため、臭い物質や微細な汚れを引き寄せず、臭いが壁や天井に残るのを抑えます。 

■臭いを落とすマイナスイオン

ガイナの塗膜からは遠赤外線が効率良く放射されており、その遠赤外線が空気中の水粒子を振動させて細かく砕きます。 細かくなった水粒子は、マイナスの電気を帯びることでマイナスイオンとなります。 マイナスイオンは、浮遊しているゴミやホコリ、臭い物質が持つプラスのイオンと結合し、浮遊出来ないようにすることで、臭いを抑えることが可能です。

メディア情報

>>>2007年07月02日 産経新聞(断熱塗料で宇宙目指す)
>>>2007年02月19日 -(日進産業と名工建設が業務契約)
>>>2006年09月01日 日経産業新聞(断熱塗料開発の日進産業)
>>>2006年07月30日 朝日新聞(時々刻々)
>>>2006年04月21日 日刊工業新聞(特殊塗料を本格展開)
>>>2005年06月14日 日刊工業新聞(日進産業がJAXA技術応用)
>>>2004年10月06日 西日本新聞(断熱塗料使い温度上昇制御)
>>>2003年10月31日 日本経済新聞(断熱コンテナ開発)

お問い合わせ
無料相談会
遊休地の有効活用
ダブル断熱
注文住宅分譲地情報
リサイクル
賃貸物件情報
アットホーム
JIO

個人情報保護方針について